実習体験者インタビュー

実習体験者インタビュー

東京しごと塾で学んだ私たちの3ヶ月
2か月目
就職に向けて行動を起こす期間
Q
「企業訪問」を通じて学んだこと、現在も活用できることはありますか?
Aさん

Aさん
それまで何をするにも一人で行ってきたので、チームでテーマを決めひとつのものをつくりあげる経験は新鮮でした。周りの意見にきちんと耳を傾け、独りよがりの考えがなくなり、物事を客観的かつ柔軟に捉える姿勢は現在の仕事に影響していると強く思っています。

Bさん

Bさん
相手企業について調べる、インタビューをする、情報を持ち帰って整理する、みんなの前で発表するというプロセスがありました。情報をアウトプットするために次回のインプットをどうするかというサイクルが勉強になり、目的意識を明確にする考え方は今の仕事にもとても役立っています。

Cさん

Cさん
人生でリーダーを任されることがなかったので、責任感を持ってチーム全体をまとめる難しさを感じました。試行錯誤しましたが、今の仕事もチームで動いているのであの実体験は貴重です。チャレンジと失敗を繰り返し、役割意識とともに自立性も培われましたね。


Q
「企業訪問」や「企業研究」を通じて、業界や職種についてはどんな発見や気づきがありましたか?
Aさん

Aさん
自分なりに職業適性の方向性を決めていても、それ以外の業界や職種を把握してはいなかったので、あくまで何となく・・・という程度のものでした。しかし多くの企業を訪問して、実際見て感じたことで視野が広くなり、自分の興味ある対象が正確に選別できたのはとてもよかったです。

Bさん

Bさん
「キャリアデザイン」で学んだことが、この「企業訪問」で具体化しました。業界理解が深まると同時に、今まで業種や職種にこだわり過ぎていたことを自覚。もちろん職種も大事ですが、自分がその企業にとって必要な人間であるために何をしたらいいのか、何ができるのかを熟考するようになりました

Eさん

Eさん
興味のない業界も、研究してみると実は共通点があり応用が利く部分も多かったりします。最初から自分で視野を狭めてしまうのは、非常にもったいないと知らされました。たくさんの業界の現場に触れ、先入観を持たずにきちんと確認する大切さが学べた場でした。


Q
多くのプログラムをこなし、将来の人間関係づくりに向けて悩みも多かったと思いますが、「ストレスコントロール」ではどんな学びがありましたか?
Aさん

Aさん
人見知りの性格で人とコミュニケーションをとる機会も少なく、しごと塾参加の初日も尻込みして猛烈なストレスを感じていました。しかし同じような境遇の方ばかりで、正社員経験のない自分の劣等感を気にせず積極的に働きかければ必ず応えてもらえることを学び、会社入社後もスムースに人と接することができました。

Bさん

Bさん
時には飯田橋の街に繰り出し、塾生同士でお互いの悩みを共有できたのもストレスコントロールの一環になりましたね。現在の新しい環境で良好な人間関係が築けているのも、さまざまな年齢層の方が集まるしごと塾で、距離感を少しずつ縮めて関係を深めながら仲間になる方法が自然に身についていたからだと思います

Dさん

Dさん
弱みを見せず自分だけで問題を処理する方でしたが、チームの方々に打ち明けて励まされているうちに少しずつ変化していきました。思い切って自己開示をすることが、ストレス軽減につながっていたんですね。今の職場でも早い段階で正直に自分の性格を伝えて理解してもらい、自分に合った対応をしてもらっています。


Q
自分の方向性を見つめるきっかけづくりの場、「合同企業説明会」についてはいかがでしょう?
Bさん

Bさん
7~8社回り、行きたいと思える企業にも出会えました。応募して面接を行う現実的な行動ができていい経験になりました。

Cさん

Cさん
訪れた会社の担当者が元気でいきいきしていたので、その会社に興味を持って業界研究をはじめ詳しく調べたりしましたね。たまたま担当者のキャラクターに惹かれただけですが、偶然から何かが開けるかもしれないとプラス思考になれた貴重な機会でした。

Dさん

Dさん
回った企業からスカウトをもらい、とても大きな自信になりました。また現在勤めている会社からもほぼ同時期に内定をいただき、比べる会社があったことで自分の基準がわかり、より納得して就職することができました。


↑
東京しごとセンター Pasona Career