実習体験者インタビュー

東京しごと塾で学んだ私たちの3ヶ月

1か月目
ビジネス実践研修 就職に向けて自身の課題を整理する期間
Q
初日の「オリエンテーション」でもお聞きしましたが、みなさんは、しごと塾で何を学びたいと思って参加しましたか?
Aさん

Aさん
就職活動の経験がなく、当時は「助けてください!」という心境でした。仕事をするにも何からスタートしていいかまったくわからなかったのです。まずは正社員就職に向けて初歩から学んでいけば、その先の就活に繋がると思い参加を決めました。

Bさん

Bさん
心の叫びとして、助けて!!という心境はAさんと同じです。誰に頼っていいのか本当に見当もつかず、藁にもすがる気持ちで参加したのが正直な気持ちですね。

Cさん

Cさん
ハローワークに足を運んでも、情報の集め方すらわからず途方に暮れていました。そこに貼ってあったポスターでしごと塾の存在を知り、現状打破と新たな発見を求めて参加しました。

Dさん

Dさん
前から続けていた就活が滞り、職務経歴の書き方など基本から教わりたかったのがきっかけです。ちょっと面白そうだなと軽く思ったのも事実で、正社員として働く自分をその頃はまったく想像していませんでした。

Eさん

Eさん
正社員へのハードルは高いと思っていましたが、もしかすると基本的な知識を吸収して道が開けるのでは?という期待感から参加しました。そして仮にうまくいかなくても、ここで学ぶ経験は将来絶対に役に立つと前向きに考えていました。


Q
やりたいことへ向けて、まず自分ができることを見つけていく「キャリアデザイン」で、印象的だったことはありますか?
Aさん

Aさん
考え過ぎて動かないパターンを反省して、期限を決めて縁があった会社に飛び込み、そこから自分のキャリアをつくっていこうと思いました。

Bさん

Bさん
偶然の出会いを大切に、自分から勇気を持って行動を起こそう! 考え込んでしまっては出口が見えなくなるので、視線を変えてバランスのいい考え方を持とう!という学びでした。

Eさん

Eさん
研修中、自分がやりたい仕事を優先し過ぎていたことを再確認しました。目指すは正社員。決して好きではなくても自分ができる仕事に目を向けると、選択肢が広がってゴールへの道も広がります。


Q
自分を自己分析して強みを探す「棚卸し」は、どのように進め、どんな気づきを得ましたか?
Aさん

Aさん
ジョブトレーナーの個別支援による、2人でつくりあげていく手法でした。経歴を振り返る機会自体がゼロだったので、自分に何ができるのか考え行動する足がかりになりました。職務経歴書も一番長いアルバイトに絞ってそこを細かく展開しようと助言をいただき、過去を効果的に整理することで自信を持って面接に臨めるようになりました

Cさん

Cさん
まず自分の経歴を書き出して、腰を据えて自分のスキルを探し出しました。私はいろいろな職種にチャレンジしていたので、そのたびに順次棚卸しをして応募書類の内容を相手先に合わせていきました。時間はかかりましたが、結果的に自分の方向性が決まり、今の仕事に結びついて満足しています。

Dさん

Dさん
棚卸しは苦手で、私はとにかく自己評価が低くマイナス要素しか出てきませんでした。でもそれでは前に進まないので、「私のいい所はどこ?」と人にひたすら聞いて回りました。自分の強みは、意外と自分では気づかないところにあるものですね。


Q
ワークに取り組む際、チームでどのように目標を設定し、どう活かされましたか?
Aさん

Aさん
後々考えると単純な目標ではありましたが、チームとして目標を定めて真剣に動いてみると面白味が出てきて結束力も強くなりました。高めに設定せず、小さな目標を毎日達成することで自信もつきましたね。簡単なことでも、やり遂げることで自分の小さな成功体験になり精神安定に繋がりました

Cさん

Cさん
目標設定については、具体性を持たせるようアドバイスを受けました。いつまで、どこまでといった、明確な数字や事実をセットする習慣は、現在の仕事で指導目標をつくる時にも役立っています。

Eさん

Eさん
最初は、内容が当たり前すぎてびっくりしました。しかし敢えて文字にして目標を貼り出すと、不思議なことにそれをきちんと実行しているか確認する自分がいました。普段は流してしまいそうな簡単なことも、視覚化すると見方が変わりますよね。また言われたことではなく、自分たちで決めることに意味があったと思います。


↑
東京しごとセンター Pasona Career